自主制作映画団体です


by studio_yunfat
アフレコを8/1に行う。Mウィングの視聴覚室。なぜか別の団体が使っている。うちが予約したのに。
もちろん部屋を空けてもらう。

それはさておき、アフレコ。
20:00スタート。22:00に終了。

ナレーションの追加
一部台詞の再録

8mmフィルムで映画撮ってたころは45分の作品全部アフレコだったのだから、俺にとっては楽勝の仕事である。
しかし、芝居やってる人間には口にあわせて台詞をもう一度喋るというのは、奇妙な体験のようだ。
ま、いうまでもないが、黒沢映画も小津映画も昔の映画は全部アフレコである。笠智衆は小津に「君、アフレコだけはうまいねえ」と言われていたそうだ。

アフレコに慣れてくるとごまかしテクニックを身に付ける。喋り始めと喋り終わりさえあってれば監督をごかすことができるという技である。
ぶっちゃけ俺も時々つかった。
だが何本も映画を完成させた奴の目はごまかされない。俳優と監督の微妙な駆け引きが展開されるのがアフレコ現場だ。

「猫とり」の出演者たちはアフレコ初なのでそのような小ズルイテクニックは持っていない。

でもま、細かく切っていったので、さほど難しくもなく、アフレコ完了。

時間ぎりぎりで主題歌(ってほどでもないが)の収録も行う。
俺の映画で初めての主題歌だ!!

---------------
さて編集。
アフレコのサウンドトラックを映像にかぶせる。
アフレコした箇所は効果音も消えるので、効果音も再録する。
といっても、台詞のない部分の絹ずれ音や足音、食器のカチャカチャ音は撮影時のをそのまま使う。

劇団から借りたサンプラーで効果音にエフェクトかけてイメージに近い音に変えたりもする。
アクション映画っぽく、多少わざとらしい、キュピーンとか、ブワッとかそういう効果音も付ける。
一部の台詞や効果音にはエコーをかけて、非現実的な音に仕立てる

そんなこんなで、ようやく効果音入れ、ほぼ完成。
あとは音楽・・・・
完成まであと一歩
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-08-07 21:34 | 猫とり名人
編集完了
いまのとこ総タイム 22分10秒
うえだ城下町映画祭(8月31日締め切り)の条件は「15分以上」なので、こちらはクリア
小津安二郎記念蓼科高原映画祭(9月10日締め切り)の条件は「20分以内」
まだ2分ちょい長い
エンドクレジット全部切っても、21分15秒
あと1分15秒も切れねーよ
そうはいっても心を鬼にして苦労したシーンを切らねばなるまい

とりあえずアフレコ

Mウィングの視聴覚室でやろうかなと思う
駐車場あるし、集まりもよさそう
10時撤収がちょいとネックで、一日で終わらんかも知れんが

アフレコ箇所
(1)村井宿で撮ったシーン
 名人 「では参りましょう」
 娘 「忠吉、ご案内してさしあげて」
 忠吉 「へい」

(2)名人がネズミの影に気付いた後の、母様、娘、忠吉、名人のからみ全部
 母 「ちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅ」
 娘 「ちゅちゅちゅちゅちゅ」
 名人 「それでは夜も更けてきましたしそろそろお暇させて」
・・・中略・・・
 名人 「およしなさいお嬢さん、所詮はネズミ、猫とりには敵いません」
 娘 「窮鼠猫を咬む」
 娘 「くくく」
 名人「ぐお」
 娘 「は・・・あああ!!」
 母 「ちゅーちゅーちゅー」

↑(ト書きないとバカみたい)

(3)名人モノローグ補足
 「私は文明の花開くこの明治の世で昔ながらの猫とりを続けております。そんな私の奇妙な体験をこれからお話いたしましょう」
 「忠吉について神社の境内に言ってみますと、なんとも言えない光景がとびこんできました」

(4)主題歌
 ねことり名人ねことりに
 にゃん にゃん にゃんにゃんにゃん
 ネズミにだまされねことりに
 にゃん にゃん にゃんにゃんにゃん
 手にする得物はカツオ節
 にゃん にゃん にゃんにゃかにゃんにゃんにゃん

とりあえず以上
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-07-25 23:33 | 猫とり名人

編集の日々

猫とり名人の編集状況

先週、5/27 最後のカット撮影(ネズミの娘の浴衣がカツオ節で切り裂かれるとこ)

5/28 テロップ撮影。
2~3時間で終わると思ったら・・・10時間たっても終わらなかった。
墨と筆で、書道6段(!!)のゆーすけに書いてもらったのだが、文字のバランスがうまくとれず(俺にはよくわからなかったが)書き直しにつぐ書き直し。ようやく書けたものも、切り貼り作業が必要で、2時から始めたテロップ造りは気が付くと夜12時近く・・・
さっさと撮って「嫌われ松子」を見に行こう計画は、崩れ去ったのであった。

でも、テロップはさすがいいデキで、映像と重ね合わせると、かなりいい雰囲気。
そのオーバーラップだが、Final Cutの様々な機能を試してなんとか成功。あの凄まじいソフトを独学で使いこなそうとする俺

編集の進捗

オープニングタイトル・・・・・10%
プロローグ・・・・・・・・・・・・・70%
娘登場・・・・・・・・・・・・・・・・80%
猫とり準備~神社への道・・50%
猫とり・・・・・・・・・・・・・・・・・・0%
娘再訪・・・・・・・・・・・・・・・・・80%
娘・母・名人(前)・・・・・・・・・0%
信長など・・・・・・・・・・・・・・・0%
娘・母・名人(後)・・・・・・・・・0%
エピローグ・・・・・・・・・・・・・・0%
エンドタイトル・・・・・・・・・・・0%

トータル20分に収めるにはまだまだ切らねばならない。
苦労して撮ったカットを切るのはつらい・・・
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-05-30 23:22 | 猫とり名人
猿ロマンのPV
ほぼ完成

プロトタイプを、ズバットくんに託し、ダメだしを待つ。
映像的にはスローモーかなぜかカクつく。レンダリング失敗?
それ以外は、ラストショット(38秒)の後半をセピアに変えようかな?
上記除けばパーフェクトなデキではないかと・・・

字幕には、前に「その悩み何バイト?」のためにネットで買ったフォントを使用。
太めの明朝体っぽいやつ。
いちお、自分の持ってるフォント全パターン使ったヤツも収録し、選んでもらおうかと。
文面もあれでいいのかなあ?
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-05-26 08:21 | 撮影日記■劇団ザ?猿ロマンPV
松本市内の劇団ザ?猿ロマンに依頼されたPV撮影を5/21(日)に行う

夏の公演・「チーム・ミーティング」で、演劇と一緒に映像を使うのだそうだ。どのように使うか、どんな映像なのかは秘密

スタジオゆんふぁの撮影でダイスケ氏やカトキチ氏を借りたりと少なからずの恩義のある劇団ゆえ、依頼は当然のごとく引き受けた。
しかし皆さん、当然のことながら芝居度胸があるというか、カメラの前で堂々と演技をなさる。
素晴らしいね
各々個性的だし

朝6時集合で、終了は16:00。
幸か不幸か快晴で、日差しが強すぎて明るさ調整に難儀したり、10時間ぶっとおしの外での撮影ですっかり日焼け。
1日でおよそ100カット撮った計算。

猿の座長の永高さんに頼んで、2m50くらいの脚立を持ってきてもらった。
その上にたっての俯瞰映像が面白くて面白くてこれでもかというほど多用した。
ちょっと怖かったけど、人手はたっぷりいたので脚立支えとかにも事欠かず、それ故の映像である。
他にも色々遊んだり、実験したりのカットも撮れて、さすがに少し疲れたけれど、楽しい撮影であった。


----------------
猿ロマンの芝居はいつも面白いので、是非ともご覧になってください。
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-05-21 19:15 | 撮影日記■劇団ザ?猿ロマンPV

クランクアップ!!!!

三嶽神社の追加ショット、高ボッチ高原での1カット、Mウィングでの追加/撮り直し・・・かろうじて終了し、クランクアップしました。

三嶽神社
いきなりおしかけ社務所かしてください、という無茶な要求を聞いてくれた宮司さんのお力添えでなんとか撮影できました。
さおりちゃんが仕事休みとってくれたおかげで、ネズミ娘の追加カットも撮れて、しかもスタッフ不足も解決。三嶽の撮影はほぼスケジュール通りに進む
撮影協力、リコ、ダイスケ、哲さん。

高ボッチ
「宝探し」以来、5年ぶりの高ボッチでの撮影。
無意味に壮大すぎるラストシーン候補を三つ撮る。
タルコフスキーの映画みたいな無駄に美しいショットを撮った。どれ使う・・・

Mウィング・和室
数えたら27カット。はたして撮りきれるのか・・・と思ったがどうにか撮りきった。
2日前にミーティングやっといて、良かった。
段取りなどは当日考えるしかないのだが、事前にここは着物はだけて・・ここは肩出して・・・とお願いしていたから、当日は早く進む。
一番の見せ場は、ネズミ母が名人の唇奪おうとするところ
長回し
しかし2テイクでOK
夏になったらこんぐらい出すもんね・・・と言って、肩も膝もばんばん出してくれた二大女優に感謝である。
藁をもつかむ思いで、あちこちに「5/14の夜スタッフ2名不足、手伝い求む」メールに応えてくれたのが、長野県内で自主映画撮っているという2人。
一人は面識もあるニシザワさん、もう一人は初対面のムトウさん。
ライト持ちをさせ、ろくに話もできず、撤収作業でバタバタしている中、簡単な挨拶だけでお別れ。
「ろくに話もできずすいません」
「いや、熱いっす」 (胸のあたりに手を当て)

・・・なんか男の会話だ。
こんど絶対、いっしょに飲もう

・・・っていうか、クランクアップパーティやろう

じつはあと1カット残ってるけど、まあそれはキャスト不要なんで適当に撮る

とにかくクランクアップ。
いやあ、ほっとしたよ
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-05-15 00:15 | 猫とり名人
5/14クランクアップを目指し、当日現場での時間を少しでも短縮させるため、事前ミーティングを行った。
場所は、さや邸

議事録っぽくするか

スタッフ・キャストミーティング
日時:2006/5/12 21:00~23:00
場所:さや邸
出席:しん(監督)、さや(1stカメラ)、アッキー(猫とり名人)、じゅにあ(ネズミ母)、さおり(ネズミ娘)

【三嶽神社のシーン仮編集版上映】
【三嶽神社の追加ショット説明】

14の昼、出演しない予定だったさおりちゃんが午前中なら出演可能
スタンドインで撮る予定だったシーンを本人に変更
併せて、猫とりシーンに挿入する娘の顔アップを追加

追加カット(三嶽神社)
 ・林の中を歩く名人、娘、忠吉(娘・・・エンジ色の浴衣)
 ・同上(娘・・・藍色の浴衣)
 ・林の中を歩く名人
 ・山路を歩く名人、娘、忠吉(娘・・・エンジ色の浴衣)
 ・鳥居をくぐる名人、娘、忠吉(娘・・・エンジ色の浴衣)
 ・歩きながらまたたびを取り出す名人の、またたび袋のアップ
 ・猫とりポーズの部分アップ(手、バストショット)
 ・猫とりを見物している娘の顔アップ
 ・境内から娘の方に近づいてくる名人
 ・それを見ている娘のアップ

追加カット(村井)
 ・朽ちた祠で気が付く名人

【Mウィング和室シーン仮編集版上映】
【Mウィング和室シーン追加ショット、撮り直し部分の説明】

母と娘が名人を誘惑するシーン
ライトが照りすぎ
2人の顔と名人の顔との距離が遠い
娘と母の露出度が低い

肩出し、着物の大幅なはだけをお願い。承諾。
母が名人の唇を奪ってはどうかと提案。さすがに抵抗。「接近はいいが接触はちょっと・・・」
監督としてはアングルで誤魔化す演出はしたくない
話し合いの結果、母が唇を奪わんと顔を近づけるが、名人が顔を振ってかわす・・・という演出に決定

それにしても2人とも素晴らしい女優である。

追加・撮り直しカット
 ・名人にまたがる母、着物をはだけさせる
 ・母と娘、顔を近づけ誘惑。俯瞰ショット。娘、帯を引き出すようにほどく
 ・娘「何でしたら2人一緒に」・・・娘のバストショットに変更。肩出し
 ・唇を奪おうとする母、抵抗する名人
 ・猫の鳴きまねのポーズを付け直す
 ・猫まねでパニックになるネズミたちの引きショット
 ・玉ねぎ命中の忠吉・顔アップ
 ・帯を名人に巻きつけた後の娘。ポーズ付け直し。膝出し、肩出し。
 ・娘「窮鼠、猫を咬む・・」・・ポーズ付け直し
 ・帯を引き、箸を突き出すところのアップ、撮り直し
 ・箸をカツオぶしにはさんだ娘の顔アップ
 ・ねじ回されるかつお節アップ
 ・カツオ節がうなる時の娘アップ
 ・娘退治された直後の引きのショット(浴衣がないので撮り直し)
 ・カツオ節を向けられおびえる母(服装変更に伴う撮り直し)
 ・着物だけ残して消える母
 ・3人分の着物が散乱する部屋に立ち尽くす名人

 ※娘の服が切り裂かれ肌が露出するカットは、後日、しんとさやで撮る。
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-05-13 08:17 | 猫とり名人

5月の撮影日程

5/5
 終日
 補足ショットの撮影(松本城・猫、村井宿・全景・夕方、村井宿・しん、三嶽神社全景・夜、燃えるマタタビ)
 しん、さやか

5/12 スタッフ/キャストミーティング
 20:00~
 村井のジャパレンorさやか邸
 しん、さやか、アッキー、さおり、じゅにあ、(松本・・未定)

 14日の撮り直し箇所の説明、演出プラン等のプレゼン、意識あわせ

5/14 
 10:00~14:00 三嶽神社での追加ショット
 しん、さやか、アッキー、(松本・・未定)

 16:30 Mウィングに移動

 17:30~18:00 Mウィングでの会場設営
 18:45~21:15 撮影
 しん、さやか、アッキー、さおり、じゅにあ、(松本・・未定)
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-05-04 11:55 | 猫とり名人

4/29~4/30の撮影日記

4/29~4/30とぶっ続けで、松本市中央公民館の和室で撮影。
和室をぶっ続けで借りれたことで、4/29の撤収と4/30の搬入・設営作業がなくなり助かった。

4/30の午前は、今回の撮影で最大の人数(11人)を動員しての大掛かりな撮影。
ピカデリーで暗幕を借りて床を覆い、黒い紙で壁を埋めて、真っ暗な空間のなかで、信長や光秀が現れたり消えたりするファンタスティックなシーン
翻る天下布武の旗の前で吼える信長!!・・の熱い演技

午後より通常の撮影。
なんとしても4/30に撮影完了させようと、急ぎあわてたため、照明の照らしすぎ、カメラアングルの間違い、それからもっとよくできるところ等、たくさんあった。
どのみち、撮りきれなかったカットもいくつかあって・・・

結局5/14に撮りなおすことに
事前にキャスト/スタッフでミーティングして意識あわせすることにした。
5/14でクランクアップだ!!
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-05-04 11:50 | 猫とり名人
4/22 は三嶽神社で撮影。
前日に挨拶にいったものの、神主さん不在で奥さんに名刺をわたし、夜に電話します・・・と言ったのに、電話するの忘れてしまった!!
やばい
朝8時に電話したが誰も出ず

ともかく手土産もって、9時半ごろ神社に

神主さんはやはり不在だが、奥さんが応対。ご自由にお使いくださいとのこと。
社務所には「映画撮影のみなさん、着替え等ご自由にお使いください」と張り紙までしてある。

なんて、いい人たちなんだ!!

しかし、私は神主さんに直接あったこともなく、2回電話しただけの男である。
そんな人によくもまあ気前よく。
でもともかくたっぷり撮らせていただきました。

12時に役者たちが合流
猫役の、あらや、かんだ、りこちゃん、やっぽん
それに主役のあっきー、とわたし入れてスタッフ4人。
総勢9人。多いなあ・・・(今まで現場に9人もいる撮影なんて何回やっただろう)

天候にも恵まれ、一般の参拝客はほとんど現れず、この神社こんなに人けなくて大丈夫かと心配になるほどだったが、おかげさまでいい場面が撮れた。
予想外は猫が少ないといわれ、急遽自分まで猫役になったこと。
おかげで監督っぽい仕事は何もしませんでした。

ただし後日編集でのつなぎ用のカットを何カットが追加撮影したい
[PR]
# by studio_yunfat | 2006-04-24 22:13 | 猫とり名人