自主制作映画団体です


by studio_yunfat

クランクアップ

3/5 REDで二度目のロケ。クランクアップの予定
9:00a.m.に、パルコそばのすかいらーくに集合
前回同様、簡単な機材のセッティングと、主要キャストによる台本を読み合わせを実施。
9:55a.m.に、エキストラの二名と合流
松本市内のアマチュア劇団「演劇実験室・経帷子」のアッキー氏、劇団猿ロマンのDAI-SUKE氏
c0047984_23593717.jpg


10:00ジャストにREDに到着。
c0047984_23582147.jpg

店長さんが、出かけてくるので自由に撮っててください、と言って出て行った。で、いざ撮影・・・と思ったら、有線の音楽が店内に鳴り響いている。スイッチがわからない。10分探したが、どこにあるんだスイッチ。
店長の携帯・・・名刺に書いてない!!

撮影は開店の11:30までに完了させねばならない。はっきりいって1分も惜しい。
カット、カットの繋ぎで音楽が不自然に途切れると困る。アフレコは面倒だからしたくない(1シーン、アフレコにしたらそのシーンだけ不自然に浮くので、全シーンアフレコにしなくてはならない)。
ワンシーンワンカットで撮ってしまおう。
と思ったが・・・音が大きい!!!科白がかき消される。
スイッチを探すしかない。さらに10分の探索。全スタッフ/キャスト/エキストラで必死の探索
・・・・・・ついに見つかった。キッチン裏の戸棚の中。お茶かなんかの袋の下に埋もれていた。やるなRED。

「日本の一番長い日」という映画(先日亡くなった岡本喜八監督作品)で、終戦の前日、天皇の玉音放送の収録を行い、そのレコードを不穏分子に奪われないよう、宮内庁職員が通常の書類の山の中に隠した。本土決戦派のクーデター将校たちが玉音盤を奪おうと宮内庁に押しかけ探し回るが、見つからない。・・・というシーンがあった(たしか)。それを思い出した。

余談おわり

20分ロスったが、以降は順調に撮影が進む。
前回ロケは小津風、ローアングルFIX主体の撮影だったが、この日は手持ちあり、俯瞰あり・・・統一感無いかなあ・・・
ラストシーンに苦労して作った新聞が登場。エキストラ2名が客役で登場。開店5分前に本物の客も登場。
開店前だから文句も言うまい。そのまま撮影。
11:30を数分オーバーしたが、なんとか撮影完了。
c0047984_2356998.jpg


これにてクランクアップ!!REDでみんなで珈琲(わしとサヤだけアルコール)
お疲れ様でした!!その後店をかえて、アッキー氏とサヤとわしでギネスで乾杯3~4杯。
アッキー氏と別れ、「ボーン・スプレマシー」を見て、スタジオゆんふぁの活動に興味があるというアメリカ帰りの方(と、その人を紹介してくれた方)と会って、ギネスで乾杯。
飲んでばっか・・・

この日の感想。「ボーン・スプレマシー」面白かった。って、そこかよ!!

ともあれ、これからポスプロに入る。
編集とサウンド調整。字幕たっぷりの映画だから、ここからが大変。
[PR]
by studio_yunfat | 2005-03-05 23:59 | 撮影日記■その悩み何バイト?■