自主制作映画団体です


by studio_yunfat

ロケの日

2/20(日)
9:00に松本駅近くのパルコのそばのスカイラークで、出演者と集合。
c0047984_2161917.jpg
←主演 ゆーすけ

c0047984_2165785.jpg
ヒロイン リコ→
朝めしを食って、出演者にシナリオの読み合わせをやってもらい、その間に現場に行く前にできる機材の準備。
テープのエンドサーチ、マイクのコードをほぐす、カメラに三脚用アタッチメントを付ける・・・など
小道具を一つ忘れた。一週間前に文具屋で手に入れたボールペンの仕入れ用箱。

10:00ロケ地に移動。
c0047984_2181734.jpg
←さやか(スタッフ)にボールペンの箱を入手に行ってもらう。(無事入手)

S-3の撮影。
小津風(ってほどでもないが)ローアングル固定ショット。
開店の11:30までに3シーン撮らねばならない。にもかかわらず、S-3の撮影に1時間かけてしまった。
時間との戦い。キチは本日と次回撮影日の3/5しか予定があいていない。
したがって撮り直しはできない。
S-5とS-9〜12の撮影ではリテイクもあまりできない。立ち位置ずれるとリテイクになるFIXショットも後半の撮影ではなしだ。不本意だが仕方ない。品質より納期優先だ。
とはいってもワンシーン撮ったら後のシーンではキャストたちも慣れたのか、リテイクは少なかった。
それでも結局、11:45までかかった。
次回は9:30に来てねとredの店長に言われた。

客演の二人、リコちゃんとキチ氏はさすがに劇団員なだけに、安心して観ていられる芝居をする。
c0047984_2131229.jpg
←監督のわし
舞台に比べたらこの程度の演技、屁でもないでしょ?


だが、そうではなかった。

c0047984_2135961.jpg
出演のキチ氏→
「役を作りこんでいないから不安になる。」
そういうものか。



この日は夜からゆーすけのモノローグ収録も
テイクを重ねるごとに、棒読み→微妙→そこそこ、と進化していく彼。
[PR]
by studio_yunfat | 2005-02-22 00:25 | 撮影日記■その悩み何バイト?■